標準的な施術の流れ

一般的な流れでいくとカウンセリングでデザインがほぼ決まったら麻酔をかけて施術そしてクールダウン、次の予約と進むのですがクリニックによってはドクターからのカウンセリングと看護師とのカウンセリングと念押しのカウンセリングを設定しているところもあります。ドクターのカウンセリングは他店では診断と言っているところもあります。

膚の状態や体調が施術中の痛みにも大きく影響を与えますし、皮膚に与える刺激も変わってきます。膚に色素を入れるという事はそれだけ膚を虐めている事にもなり、まれにアレルギーや感染症を発症する事もあり得るのです。賢明な医師はこの時点で施術をお断りする事もあり得ます。アフターケアは特に重要です。実際に施術を行うのは看護師である場合も多いですからがっちりと信頼関係を築く事も大事です。

局具麻酔をかけて20分程度の麻酔をかけて施術となります。妊婦は麻酔をかける事ができません。かなりの痛みを我慢する事になります。クリニックによってはお断りする場合もあります。

施術が終わったらクールダウンをします。特にアイラインは腫れやすいですから30分程度冷却ジェルなどを使って冷やします。おおよそ施術は2~3回程度繰り返しますから次の予約をします